【京都新馬戦】ベストマイウェイ 動きパワフル、米国の血騷ぐ

[ 2017年10月13日 05:30 ]

 土曜京都4R(ダート1800メートル)のベストマイウェイ(牡=石坂)は父ポイントオブエントリーの米国産馬。動きは血統通りパワフルだ。浜中が手綱を取った1週前の坂路は4F52秒7〜1F12秒9の時計で併走相手を軽くちぎって捨てた。

 石坂師は「時計的には十分動いている。気性的におっとりしているから1800メートルへ。ダートが合うと言うより、ダートしかないだろ」と意気込む。500キロ超えの巨体でライバルたちを蹴散らしてしまいそうだ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年10月13日のニュース