【菊花賞1週前追い】アルアインなど池江勢3頭、仕上がり良好

[ 2017年10月13日 05:30 ]

アルアイン(左)と併せてCウッドで追い切るサトノクロニクル
Photo By 提供写真

 池江勢3騎がCWコースで1週前追い。皐月賞馬アルアインはサトノクロニクルを追う形から内に併せ、両者譲らない形でゴール。6F82秒9〜1F11秒7。

 アルアインについて池江師は「全体的に良かった。上積みはある。前走は距離ではなく久々の分」と前進を強調。クロニクルには「調教も動けるようになっている。距離は延びて良さそう」とジャッジ。もう1頭、サトノアーサーは併せで僚馬プロフェットを圧倒。6F81秒9〜1F11秒6の瞬発力を披露した。「動きはいい。テンションの高い馬なので鍵は折り合い」と話していた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年10月13日のニュース