【東京新馬戦】ギャンブラー 大型も操縦性良し、重さ感じない

[ 2017年10月13日 05:30 ]

 日曜東京4R(芝1800メートル)はギャンブラー(牡=斎藤誠、父ハービンジャー)が陣営好感触。最終追いはWコースで石橋を背に既走馬相手に併入。相田助手は「合図を送っただけでスッと加速して操縦性が高い。馬体重は510キロほどで大型だが、重たさを感じない。楽しみですよ」と期待十分に送り込む。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2017年10月13日のニュース