ブレスジャーニー、菊花賞で復帰へ 8月に佐々木厩舎に転厩

[ 2017年9月15日 05:30 ]

 昨年の東スポ杯2歳Sを制覇後、長期休養しているブレスジャーニー(牡3=佐々木)が、菊花賞(10月22日、京都)で復帰することが分かった。14日、佐々木師が明らかにした。

 同馬は今春、スプリングSでの始動を目指していたが、右前脚の橈骨(とうこつ)遠位端骨折が判明。8月に美浦の本間厩舎から佐々木厩舎に転厩して、12日に入厩した。

 佐々木師は「そんなに太く感じないし、菊花賞にはちょうど仕上がるんじゃないかな。ジョッキーは引き続き柴田善君にお願いしています」と話した。勝てば87年サクラスターオーの中202日を超えて、菊花賞の最長ブランクVとなる。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2017年9月15日のニュース