PR:

【セントライト記念】サーレンブラント一発魅力 落鉄しても先着

併せで追い切るサーレンブラント(右)
Photo By スポニチ

 18日に行われる菊花賞トライアル「第71回セントライト記念」(3着までに優先出走権)の木曜追いが東西トレセンで行われ、関東馬サーレンブラントが落鉄しながらも先着し、好調をアピールした。

 馬の成長と人の勢い。サーレンブラントは一発の魅力に満ちている。追い切りはWコースでハッスルバッスル(3歳500万)を追走。直線で内に併せるとしっかり伸びて1馬身先着した。

 時計は5F66秒3〜1F13秒3。戸田師は「追い切り前に右前を落鉄していた」と明かした上で「調教駆けしない馬で以前は68秒くらいでいっぱいいっぱいだったのが、落鉄しながら無理せずあの時計。動けるようになった」と、ここにきての成長に目を細める。レースで課題となる折り合いは元々調教では問題ないが「道中のスムーズさやリズムが良くなった」と動きの質の向上も感じ取っている。

 2勝馬で格上挑戦だが、素質は引けを取らない。春は好メンバーの青葉賞で5着。前走・信濃川特別は3着止まりも走破時計1分57秒4は新潟記念の勝ち時計(1分57秒9)より速い優秀なものだった。差し一辺倒ながらその分、父ディープインパクト譲りの末脚は強烈。師は「前走で速い馬場に対応できたのは収穫。同じ中山でも内回り2000メートルより外回り2200メートルの方が対応できそう」と手応えを口にした。

 鞍上の岩田は先週土曜の紫苑Sをディアドラで制し、日曜は韓国国際競走・コリアカップも優勝、戸田師は日曜の京成杯AHをグランシルクでV。好調タッグで菊花賞切符獲得に挑む。「道中折り合って、3〜4角で外に逃げずにコーナーを立ち上がって行ければ」と師。レンブラントは「光の魔術師」の異名を持つバロック期の画家。師が描くデッサン通りの競馬ができれば、その行く手に明るい光が差してくるに違いない。 セントライト記念

[ 2017年9月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:08月19日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース