【金鯱賞】追ってひと言

[ 2017年3月9日 05:30 ]

 ▼アングライフェン(安田隆師)やれば動くタイプ。前走は馬場が悪かったが、しっかりと走ってくれた。良馬場で最後まで集中して走れれば。

 ▼サトノノブレス(池江師)先週サトノダイヤモンドと併せてビシッとやっているので仕上がっている。渋った馬場は駄目なので、良馬場でやれれば。

 ▼スズカデヴィアス(橋田師)しまいだけ流した。今は心身共に充実している。

 ▼タッチングスピーチ(ルメール)ブリンカーの効果で最後の反応は良かった。ただレースではズブさがある。気持ち次第。

 ▼ナスノセイカン(矢野師)スパッと切れる感じではなかったが、稽古駆けする相手で馬場が重い影響もあった。直線の長いコースは向いている。

 ▼パドルウィール(中尾師)ここ目標にしっかりとやった。これだけ動けるというのは状態がいい証拠。

 ▼ヒットザターゲット(清生助手)上がり重点に動きは良かった。9歳だが馬は元気。内々で脚をタメてしまいを生かせれば。

 ▼フルーキー(前川助手)併せで遅れたが、力んでいるところはなく体調自体は問題ない。

 ▼ルミナスウォリアー(柴山)早めに並びかけて馬を怒らせる感じ。最後はしっかり反応してくれた。

 ▼ロードヴァンドール(太宰)反応は良かった。精神面で成長している。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年3月9日のニュース