【金鯱賞】斎藤誠師 叩いたヌーヴォに上積み保証「素軽くなった」

[ 2017年3月9日 05:30 ]

Wコースを単走で追い切るヌーヴォレコルト
Photo By スポニチ

 中山記念7着のヌーヴォレコルトはWコースで5F68秒1〜1F13秒3。単走&馬なりで気分良さそうに駆け抜けた。

 斎藤誠師は「素軽くなった。年齢的なものか、やはり1回使った方が良くなる」と上積みを保証する。中山牝馬Sにも登録したが、金鯱賞が当初からの第一本線。指揮官は「ここなら54キロ。左回りの方が合うし、ズブさが出ている現状では1F延長も魅力」と好材料を挙げた。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年3月9日のニュース