【阪神新馬戦】伏兵ヴァリーゲイト逃げ切る 勝因は好スタートか

[ 2017年3月6日 05:30 ]

 阪神4R新馬戦(ダート1400メートル)は主導権を奪った9番人気の伏兵ヴァリーゲイト(牡=大橋、父トビーズコーナー)がそのまま危なげなく逃げ切った。

 小牧は「練習ではゲートでゴソゴソ。今日もそんな感じだったけど、うまいことスタートを決められた。それが大きかったね」と好スタートを勝因に挙げた。道中については「思った通り」と満足げだった。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年3月6日のニュース