×

【共同通信杯】同舞台の東スポ杯組に注目 剛脚リチャード好走必至

[ 2017年2月6日 05:30 ]

 東京日曜メインはクラシックの重要な前哨戦「第51回共同通信杯」。今回と同舞台で行われた昨秋の東京スポーツ杯2歳S2、3着馬に注目が集まる。2着スワーヴリチャードはメンバー最速の3F33秒6の強烈な末脚を駆使。今後に向けて、賞金を加算したい。3着ムーヴザワールドも当時2戦目だったことを考えれば中味は濃い。

 良血エアウィンザー、シンザン記念2着のタイセイスターリーなど、強力関西馬の上位争いが濃厚か。京都メインの京都記念では凱旋門賞に挑んだ昨年のダービー馬マカヒキが満を持して始動する。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2017年2月6日のニュース