【京都大賞典】キタサン元気一杯!清水久師「手綱持っていかれそう」

[ 2016年10月5日 05:30 ]

 宝塚記念3着以来のキタサンブラックは火曜朝、坂路を駆け上がってCWコースへ。見守った清水久師は「元気いいですね。油断すると(手綱を)持っていかれそう」と目を細めた。

 今回は同型のヤマカツライデンが早くも逃げ宣言。戦法については「ジョッキー(武豊)がゲートを出てから考えてくれるでしょう。京都(2勝)は相性がいいので」と余裕の表情を浮かべた。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2016年10月5日のニュース