【毎日王冠】ステファノス 昨年7着の雪辱を「いつもと雰囲気違う」

[ 2016年10月5日 05:30 ]

 昨年のこのレースは香港遠征明けで7着に敗れたステファノスが2年連続参戦。今年は宝塚記念5着後の放牧明けで昨年とは臨戦過程が違う。

 藤野助手は「去年は休養期間が長かったし、香港帰りでしんどい部分があったのかも」と振り返る。「元々叩いてからがいいタイプだけど、いつもと雰囲気が違うんです。先々週、先週と追い切りの動きが良かったし、体つきもいい。気持ちも乗っていますよ」と仕上がりの良さをアピールしていた。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2016年10月5日のニュース