【毎日王冠】リアルスティールまだ良化途上「どれだけ仕上がるか」

[ 2016年10月5日 05:30 ]

 初マイルの前走・安田記念で11着に敗れたリアルスティールは放牧を挟み、ここで始動。安藤助手は「完調かと言われると、まだ物足りなさはあります。暑さ自体はドバイで経験しているけど湿気がこたえているのか、夏負け気味だったのが抜け切らない感じ」と良化の余地を口にする。

 「それでも先週の追い切り(CWコース6F81秒3~1F12秒0)であれだけ動くあたりがこの馬の能力。ワンターンの左回り1800メートルは言うことなしの条件だし、今週の追い切りでどれだけ仕上がるか」とみていた。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2016年10月5日のニュース