【ラジオNIKKEI賞】ミライヘノツバサ 伊藤大師満足「いい動き」

[ 2016年6月30日 05:30 ]

 前走・皐月賞(12着)に挑んだミライヘノツバサはWコースで5F69秒0(馬なり)。単走で力強く流した。伊藤大師は「先週びっしりやったので、しまいだけ反応の確認。いい動きだった」と穏やか。

 2走前の山吹賞は好位から機敏に立ち回ってV。「開幕週で1分46秒台の速い決着だと分が悪いが、福島のコース自体は合うと思う。少し時計がかかれば理想」と前向きだった。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2016年6月30日のニュース