【CBC賞】スノードラゴン G1馬の貫禄!1番時計4F51秒8

[ 2016年6月30日 05:30 ]

 スノードラゴンは坂路で単走追い。軽めのキャンターを終えてから迎えた2本目。白さを増した芦毛の馬体を躍動させながら、真一文字に駆け上がってくる。計時した4F51秒8は、29日の美浦坂路の1番時計だったが、見守った高木師は涼しい顔。「元々これくらいは動く馬。順調に調整できたし、何も問題ない」と余裕たっぷりに愛馬を迎えた。

 左回りの1200メートルは、芦毛の馬体が最も輝いてきた舞台。「ここを最後に夏は休ませる予定なので全力投球です」と師。G1馬の意地を見せつける。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2016年6月30日のニュース