【CBC賞】ブルズアイ 馬なりも手応え“やるごとに良くなる”

[ 2016年6月30日 05:30 ]

単走で坂路を駆け上がるエイシンブルズアイ

 中京開幕週のメイン、サマースプリントシリーズ第2戦「第52回CBC賞」の追い切りが東西トレセンで行われた。エイシンブルズアイはスプリンターズSをにらみ、ここから始動。実りある秋へのプロローグが幕を開ける。野中師がその思いを口にした。

 「あまり間隔を空けると、調子が上がるまで何戦かかかるタイプ。秋シーズンが始まってすぐG1もある。ローテも頭に入れ、ここを使いたいと考えました」

 この中間は坂路で丹念に調整を重ねた。最終追いは単走で4F52秒3~1F12秒1。馬なりでも弾むようなフットワークが目を引いた。

 「やるごとに良くなってます。予定通り。やれば時計が出るから、余力残しという感じ」

 今年は年明け2戦でマイルを使った。「初戦はチグハグな面もあった。2回目は(マイルに)順応してくれました。1600メートルだと持たないので、我慢させるしかない。2走目(洛陽S)はラングレーに負けたけど、いい脚を使ってくれました」と野中師。このマイル2戦が、いいスパイスになったと述懐した。

 タメが利くようになり、オーシャンSは豪快に差し切った。前走の高松宮記念はレコードの出る超高速馬場。前優位の流れで5着と十分に地力を示した。

 「前走は特殊な馬場になったけど、最後は結構目立つ脚を使いました。堅実に走るようになって、中身がしっかりしてきました」

 スプリントに持ち場を見いだして、本格化を感じさせる5歳夏。「ここで着実に賞金を加算しておきたい」。強豪に殴り込みをかけるためにも、負けられない一戦だ。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「セントライト記念」特集記事

2016年6月30日のニュース