【大阪杯】傾向と対策

[ 2016年4月3日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆前走 中山記念組が3勝、2着2回と活躍。有馬記念からの直行組も3勝(2着なし)。京都記念組が1勝、2着2回で主力2競走に続く。

 ☆人気 1番人気が4勝、2着3回で連対率70%と上々の成績。2番人気は1勝、2着2回。6番人気が2勝している。

 ☆年齢 4歳が5勝、2着2回。5歳が4勝、2着4回。この2世代が他を圧倒している。6歳以上は割引が必要。

 結論 ◎アンビシャス ○キタサンブラック ▲タッチングスピーチ

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟記念」特集記事

2016年4月3日のニュース