【中日新聞杯】ヒストリカル 田中勝「左回り問題ない。楽しみ」

[ 2016年3月11日 05:30 ]

田中勝春騎手
Photo By スポニチ

 ヒストリカルに騎乗する田中勝は「勝てば50勝?それは気付かなかった」と笑うが、区切りの勝利へ大きなチャンスと感じている。「前走(京都記念)は好メンバー相手の4着。勝った馬(サトノクラウン)は抜けていたけど、2着とは接戦だった。東京で勝っているし、左回りも全く問題ない。楽しみだね」

 舞台となる中京コースは新装された12年以降で重賞2勝(13年ファルコンS、14年中京記念)の好成績。「自分でも相性がいい気がしている。方角がいいのかな?」。3度目のコンビとなるパートナーは7歳のベテランだが、田中勝が「気持ちが若い」と語るように今が充実期というムード。先月25日に45歳の誕生日を迎え、先輩騎手は少なくなってきた鞍上も「上も頑張っている、というかバリバリだから。まだ老け込めない」と気合十分。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2016年3月11日のニュース