【マイラーズC】リーチザクラウン強烈タイム

[ 2011年4月14日 06:00 ]

坂路、鞍上武豊騎手はリーチザクラウンを追い切る

 リーチザクラウンがあふれんばかりのエネルギーを思う存分、坂路追いにぶつけた。そんな印象だ。勾配のきつい最初の1Fで12秒3はなかなか出せない。続いて11秒9と来て、最初の2F24秒2の速さだ。

 「ちょっと掛かってしまった」と武豊。“元気がいい?”という問いかけに「良過ぎる。でも、この馬らしいかな」とヤンチャな生徒を見守る教師のような表情で答えた。さすがにラスト1Fは脚が上がって13秒4。それでも、4F50秒2はこの日の2番時計。かなり使い込まれた時間帯だったことを思えば強烈なタイムだ。橋口師も「出来に関して心配はない」と仕上がりに不満なし。となれば、課題は鞍上のいう「前半いかにムキにならず行けるか」に尽きる。「マイルはレースがしやすいし、昨年勝っているレースだからね」と師。安田記念で頂点を目指すため、得意舞台で復活のノロシを上げたいところだ。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2011年4月14日のニュース