渡邊センス裁判 第1回口頭弁論を受けフライデー編集部「記事の正当性を主張していく」未出廷の理由も回答

[ 2024年6月25日 18:45 ]

渡邊センスのYouTubeチャンネルから

 お笑いコンビ「クロスバー直撃」の渡邊センス(40)が25日、東京地裁で行われた写真週刊誌「フライデー」発行元の講談社などに損害賠償や謝罪広告を求めた裁判の第1回口頭弁論に出席した。

 この日の第1回口頭弁論は、講談社側は出廷せず1分足らずで閉廷した。

 第1回口頭弁論を受けてフライデー編集部は「今後の裁判で記事の正当性を主張していく」とコメントを発表。同誌発行元である講談社側の代理人弁護士が出席しなかったについては「第1回弁論期日は、被告の都合を考慮せず裁判所と原告の都合だけで日程が入れられるため、被告は事前に答弁書を提出していれば出席しなくてよいことになっており、出席しないことが実務では一般的である。今回被告代理人が出席しなかったのは、そうした一般的実務に沿ったものである」と回答した。

 この日、松本人志の訴訟に関する代理人を務める田代政弘弁護士らと出廷した渡邊は、苦笑いを浮かべ「はやっ」と声を上げていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月25日のニュース