ヒカル、宮迫の大炎上“何言ってんだろ”発言に批判殺到も…「変わらず順調」とノーダメージ強調

[ 2024年6月16日 15:43 ]

ヒカル
Photo By スポニチ

 ユーチューバー・ヒカル(33)が16日に自身のX(旧ツイッター)を更新。元「雨上がり決死隊」の宮迫博之(54)へのコメントに批判が殺到している件について言及した。

 「霜降り明星」の粗品は4月放送のフジテレビ「酒のツマミになる話」に出演した際、芸歴が24年も上の宮迫を呼び捨て。さらに「先輩ちゃう、あんなもん」と“あいつ”呼ばわりし、また自身のYouTubeチャンネルでも「素人」扱いするなど、言いたい放題だった。

 これを受け、宮迫はヒカルのバースデーイベントに参加した際に「テレビに出てた時の俺を超えてから言え!」「『アメトーーク!』みたいな番組作ったけ?」などと発言。これが“大炎上”したため、自身のYouTubeチャンネルで謝罪する事態となった。

 15日のYouTube動画で、ゲスト出演した元放送作家・鈴木おさむ氏は「大好きだから言いますけど、宮迫さんが悪いと思いました」と笑いながらコメント。これを聞いたヒカルは「正直、僕もそう思ってます。横で“何言ってんだろ、この人”って思ってました」とぶっちゃけていた。

 この発言に、ネット上では「はしご外し」「後出しじゃんけん」「手のひら返しにも程がないか?」「宮迫さんがかわいそう」といった批判の声が寄せられた。

 そして16日、ヒカルは「早速昨日の動画だけで記事が大量に生産されてる笑 これもっと見るを押すと似たような記事があと4つ出てきた もれなくヤフコメでは総叩きの模様」と騒動に言及。

 「つまりは変わらず順調ってこと ちゃんと客観的に物事を見て分かる人は分かるし 理解してくれる人は少しずつ増えてる気がする ヒカルには伸び代しかない」とノーダメージを強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月16日のニュース