吉永小百合 デビュー65周年記念企画トークショー「よくここまで歩いてこられた」

[ 2024年5月25日 05:05 ]

フォトセッションでポーズを決める吉永小百合(撮影・藤山 由理)
Photo By スポニチ

 スクリーンデビューから65周年を迎えた女優の吉永小百合(79)が24日、東京・池袋の新文芸坐でトークショーを行った。記念企画の一環で、自選した2作品「潮騒」(1964年)と「風車のある街」(66年)の上映後に登壇。撮影時の思い出などを語った。

 6月6日刊行の「吉永小百合青春時代写真集」(文芸春秋社)の発売に先立って行われた特別上映会。この後、ブルーレイボックスの発売や神保町シアターでの特集上映などが控えている。

 吉永は「65周年。とっても気恥ずかしいんですけど、よくここまで歩いてこられたなとは思います」と殊勝にあいさつ。

 初めて渡哲也と共演した「愛と死の記録」(66年)にも触れ「この映画には渡さんの友達の役で中尾彬さんも出られていた。その中尾さんもつい最近亡くなられ…寂しいですね」としのんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月25日のニュース