山崎ケイ 思わずブチ切れたTVディレクターの一言「芸人、一緒にするんじゃねえ~!」

[ 2024年5月25日 21:40 ]

「相席スタート」山﨑ケイ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「相席スタート」山崎ケイ(41)が、25日放送のフジテレビ系「上田晋也のトーク検定」(後9・00)に出演し、テレビディレクターにブチ切れた出来事を語った。

 芸人たちがそれぞれのエピソードを持ち寄り、MCの「くりぃむしちゅー」上田晋也が採点する番組。「最近ムカッとした実話」のテーマで山崎が披露したのは、「三四郎」相田周二から飲みに連れて行ってもらった時の出来事だった。

 その席には、山崎が初対面のテレビディレクターが同席していたという。「酔って話しているうちに、ちょっとケンカっぽくなって。ディレクターさんで、(スタジオで)“カンペを読め”って、バンバン!ってたたくのがすごく嫌なんですって話をしたんですよ」。収録の際に苦手なことを口にしたところ、そのディレクターは「こっちは編集のこととか考えてやってるんだ」と反論してきたという。

 山崎は「“1回止めて、これ必要なんで、読んでくれませんか?”って言ってもらうとか」と対案を提示。「“私たちはその時の流れとか考えて、いい言い回しに変えて言っているつもりなんですよ”みたな感じで、言い合いになったんですよ」という。

 「その方が、“僕は今、DA PUMPと番組やってるけど、DA PUMPは読んでくれるけどね”って。その瞬間にブチッと切れて、“DA PUMPと芸人、一緒にするんじゃねえ~!”って」。絶叫しながらぶっちゃけ、「今でも怒りだけは残ってる」と訴えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月25日のニュース