×

「ニャンちゅう」声優・津久井教生「要介護5」に 難病ASLが「すさまじいスピードで進行」

[ 2022年6月1日 16:59 ]

 NHK Eテレに登場する人気キャラクター「ニャンちゅう」などの声で知られ、指定難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を公表している声優でミュージシャンの津久井教生(61)が、1日に自身のブログを更新。「要介護5」の認定を受けたことを報告した。

 2020年に「要介護4」となってから「進行性の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)という名前の通り、すさまじいスピードで一人では何もできなくなっていきました」と症状を吐露。24時間介護体制だったという。

 「あっという間に呼吸や嚥下に影響が出そうな感じになってきました」といい、要介護(要支援)状態区分の最上位である「要介護5」となったことを明かした。

 続けて「ここからまたスタートです。ありのままの自分を発信していこうと思います。この状態でも声が出ているという事を起こしているのですから…自信をもって前に進もうと思います」と前向きな心境をつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年6月1日のニュース