×

新ギャグ降臨もある!? 土日限定の漫才劇場「極(きわみ)新喜劇」で若手パワーをご覧あれ

[ 2021年8月25日 05:30 ]

 どうも。乳首ドリルの次のギャグないんかい!ってよく言われる吉本新喜劇の吉田裕です。って、ちょっと待ってください!ボク〝ギャガー〟でもないですし、ギャグ言われても…。それでも何かないんかなと焦りを覚える今日この頃です。

 舞台上でノリ的な感じで生まれるって言うたら格好つけてる気がしますが、乳首ドリルもそうやってできたもの。なので、やり続けてて何か新しいノリが生まれたらと思ってはいるんです。

 たまに近所のおっちゃんがアドバイスくれるんです。「なあ、兄ちゃん、次は乳首が取れて飛んでいくとか、乳首たくさん体につけてどれが本物の乳首でしょうみたいな…」。いや!無理や!適当に考えすぎでしょ!みたいなことがあるんです。

 ところで、なんばグランド花月(NGK)だけでなく、向かいのビルにある漫才劇場でも新喜劇をやってるのはご存じ?土日だけですが「極(きわみ)新喜劇」というのがあり、若手メンバーと漫才劇場の芸人、計6人ぐらいでやるんです。

 これがまたひと味違って良いんです。漫才劇場の人たちの個性あふれるキャラ!パワー!普段、NGKではあまり見ない新喜劇若手のキャラ!新発見がたくさんあります。信濃班や諸見里班のほかにレイチェル班、森田まりこちゃん班、ギターの松浦真也班なんかも土日だけ極新喜劇やっております。

 そこでもしかしたら、新しいギャグが生まれるかもしれないので、ぜひ劇場で確認してください!お待ちしております!!皆さん来てくれるんかーーーーい!まだまだ乳首ドリルのギャグに頼ってしまいそうです。

 ◆吉田 裕(よしだ・ゆたか)1979年(昭54)3月29日、兵庫県高砂市出身の42歳。2005年、吉本新喜劇「第1個目 金の卵オーディション」に合格して入団。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校23期生で友近が同期。血液型B。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年8月25日のニュース