「ドラゴン桜」日野聡&沢城みゆき 声のサプライズ出演!藤井の両親役「愛の不時着」吹き替えコンビ

[ 2021年6月20日 22:09 ]

日曜劇場「ドラゴン桜」第9話。藤井(鈴鹿央士)の両親の声は声優の日野聡&沢城みゆきが演じた(C)TBS
Photo By 提供写真

 声優の日野聡と沢城みゆきが20日に放送されたTBS日曜劇場「ドラゴン桜」(日曜後9・00)第9話に声のサプライズ出演を果たした。東大専科の1人、藤井(鈴鹿央士)の両親役。昨年、日本でも大ヒットした韓国のドラマ「愛の不時着」の日本語吹き替えコンビが華を添えた。

 <※以下、ネタバレ有>

 俳優の阿部寛(56)が主演を務め、2005年7月期に金曜ドラマ枠でヒットした学園ドラマの16年ぶり新シリーズ。前作は、経営難の三流私立校・龍山高校を舞台に、元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部)が落ちこぼれの生徒を東大合格へ導いた。今回の原作は、18年から週刊漫画誌「モーニング」(講談社)に連載されていた三田紀房氏の「ドラゴン桜2」。前作の原作「ドラゴン桜」(03~07年連載)の15年後を描くが、今作は現代の日曜劇場にふさわしいエッセンスを盛り込んだドラマオリジナルの物語が展開される。

 阿部が伝説の弁護士・桜木役に再び挑戦。女優の長澤まさみ(33)が桜木の教え子・水野直美役を続投。水野は一浪して東大に合格し、弁護士資格を取得した。続編はドラマオリジナルの舞台・龍海学園の教頭・高原浩之(及川光博)が学園再建のため、桜木と水野を招き、幕を開けた。

 今回、日野と沢城が演じたのは、東大合格を果たして親や兄弟を見返そうとしている藤井遼の両親の声。遼の兄・祥と峡は論文が表彰されるほど優秀。遼が自分の部屋にいると、父の「それに比べて遼は」、母の「どうせ、あの子には(東大は)無理ですよ」などの声が聞こえてくるシーンだった。

 「愛の不時着」で日野は北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョク役、沢城は韓国の財閥令嬢ユン・セリ役の声を演じた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月20日のニュース