「ドラゴン桜」デビット伊東“続投”に喜び「どんな形でもご協力でき」教師役→試験官役 壇上アドリブも

[ 2021年6月20日 22:09 ]

日曜劇場「ドラゴン桜」第9話。前作は教師役だったデビット伊東が試験官役に(C)TBS
Photo By 提供写真

 タレントのデビット伊東(54)が20日に放送されたTBS日曜劇場「ドラゴン桜」(日曜後9・00)第9話にサプライズ登場した。前作の教師役とは異なる試験官役。「『ドラゴン桜』は、非常にテンションの上がるドラマです。またオファーを頂き、どんな形でもご協力できたことを大変うれしく思っています」と喜んだ。

 <※以下、ネタバレ有>

 俳優の阿部寛(56)が主演を務め、2005年7月期に金曜ドラマ枠でヒットした学園ドラマの16年ぶり新シリーズ。前作は、経営難の三流私立校・龍山高校を舞台に、元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部)が落ちこぼれの生徒を東大合格へ導いた。今回の原作は、18年から週刊漫画誌「モーニング」(講談社)に連載されていた三田紀房氏の「ドラゴン桜2」。前作の原作「ドラゴン桜」(03~07年連載)の15年後を描くが、今作は現代の日曜劇場にふさわしいエッセンスを盛り込んだドラマオリジナルの物語が展開される。

 阿部が伝説の弁護士・桜木役に再び挑戦。女優の長澤まさみ(33)が桜木の教え子・水野直美役を続投。水野は一浪して東大に合格し、弁護士資格を取得した。続編はドラマオリジナルの舞台・龍海学園の教頭・高原浩之(及川光博)が学園再建のため、桜木と水野を招き、幕を開けた。

 前作でデビットは桜木に反発する龍山高校の教師・落合正直役。今回の第9話は、ついに東大専科の生徒7人が共通テスト本番を迎え、デビットは試験官役を演じた。看板枠・日曜劇場への出演は2010年1月期「特上カバチ!!」以来、11年ぶりとなった。

 「『ドラゴン桜』は、非常にテンションの上がるドラマです。またオファーを頂き、どんな形でもご協力できたことを大変うれしく思っています」と喜び。「撮影中、壇上の上からアドリブをしてしまったことを少し反省をしていますが…。どうしても生徒の笑顔が見たくなってしまったので、お許しください」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月20日のニュース