「3密」が流行語年間大賞 小池都知事「伝え方に工夫。密に対して意識高まった」

[ 2020年12月1日 14:22 ]

「2020ユーキャン新語・流行語大賞」の発表・表彰式にリモートで出席した東京都の小池百合子知事
Photo By スポニチ

 年末恒例の「2020ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)の発表・表彰式が1日、都内で行われ、年間大賞に新型コロナウイルス集団感染防止のための標語「3密」が選ばれた。

 リモートで出席した小池都知事は「今年の新語・流行語大賞に3密が選ばれたということで、コロナ禍で私たちの暮らしが大きく変わる中で国民の皆さまの中で強く印象を受けられたと思います」とコメント。「元の発信は専門家の皆さまでございますが、伝え方にも工夫をしました」と述べ、「ゲームにもなってしまったんですよね。それによって密に対して意識が高まった。重症者を出さない、高齢者を重症化させないためにも3密をさらに確認していただいて、ご協力いただきたい」と呼びかけた。

 コロナ禍によりさまざまな影響を受けた1年。「3密」は集団感染防止として、三つの密(密閉・密集・密接)を避けるために掲げられた。

 新型コロナ関連では、政府の方針で1世帯2枚ずつ配布された布製マスクの名称「アベノマスク」のほか、「オンライン◯◯」もトップテン入り。政府の観光支援事業「GoTo キャンペーン」、自宅で生活する時間が増えて人気が爆発したゲームソフト「あつ森」、疫病を鎮める言い伝えがあるとして話題となった妖怪「アマビエ」も選出された。

 また、映画の興行収入が275億円突破の大ヒットを記録している「鬼滅の刃」もトップテンに。そのほかは「愛の不時着」「ソロキャンプ」「フワちゃん」が選ばれた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月1日のニュース