岡田圭右 流行語大賞トップテンに「コロナ関連は最小限。選び出したら結構な数」

[ 2020年12月1日 14:28 ]

「ますだおかだ」の岡田圭右
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(52)が1日、TBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜後1・55)に生出演。この日発表された「2020ユーキャン新語・流行語大賞」についてコメントした。

 年間大賞に選ばれたのは、新型コロナウイルス集団感染防止のための標語「3密」。トップテンには「鬼滅の刃」「アベノマスク」「オンライン○○」「Go To キャンペーン」「愛の不時着」「ソロキャンプ」「アマビエ」「フワちゃん」「あつ森」が選出された。

 番組でこの結果を速報で伝えると、スタジオからは「ほとんどア行ですね」「ソーシャルディスタンスは入らなかったんだ」と驚きの声が。岡田は「コロナ関連のワードは、最小限に抑えたというか。選び出したら結構な数になるんで、バランスよく芸能界の『フワちゃん』を入れたりとか、ゲーム界からとか…」と推測した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月1日のニュース