テリー伊藤 テコンドー協会の騒動に理事会生配信を提案 金原会長の「男気を生かす方法もある」

[ 2019年10月6日 11:32 ]

テリー伊藤
Photo By スポニチ

 演出家でタレントのテリー伊藤(69)が6日、司会を務めるTBS「サンデー・ジャポン」に生出演。強化方針などを巡って内紛が起きている全日本テコンドー協会について言及した。

 金原昇会長をはじめとした協会幹部、選手や指導者などが1日に集まって都内で協議会を開催したが、途中退席者も出るなど実質的には物別れに終わった。金原会長は「非常に有意義な議論が行われた」と自信の表情を見せた一方、男子80キロ級の江畑秀範(27=スチールエンジ)は、「信頼関係がないのに、強化プランの話をされても…」と協会側が今後の強化プランの説明を始めたところで途中退席した。

 チアリーダーとしてスポーツを応援してきた、女優・土屋太鳳(24)の姉で「2019ミス・ジャパン」グランプリの土屋炎伽(ほのか)さん(27)は「本来ならば選手に競技に集中することができるようにするのが、そういったための組織が協会であるべきなのに、こういった状況は早く解決してほしいなと思いますね」とコメントした。

 8日に全日本テコンドー協会が理事会を開くことも決まっている。テリーは「これを配信するといいよね」と理事会の生配信を提案。「配信することによってみんなが分かる。こういう人(金原会長)は意外といいところも持っているんです。この人の意気に感じる部分を引き出してあげるというのも、男気を生かす方法もあるので」と話した。

 番組CMの「爆笑問題」の太田光(54)は「一刻も早くサンジャポに出てほしい」と“公開オファー”した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年10月6日のニュース