尼神インター 特殊メークにノリノリ 渚「最大限キレた私と変わらへん」誠子「こっちの方がええ」

[ 2019年6月13日 19:47 ]

「X-MEN  ダーク・フェニックス」のキャラクターになりきり舞台あいさつに登場した「尼神インター」の(左から)誠子、渚
Photo By スポニチ

 女性お笑いコンビ「尼神インター」が13日、大阪市内で行われた映画「X―MEN ダーク・フェニックス」(21日公開)の試写会に、登場キャラクターそのままに特殊メークして登壇した。

 オレンジの髪を逆立て、カラーコンタクトで目つきも鋭くなった渚(34)は「最大限キレた私と変わらへん」と違和感もなさそうで、主演のダーク・フェニックスに変身。一方、顔中を青く赤いヘアでステージに立った誠子(30)も「こっちの方がええわ。ブスが隠れる」とご満悦だった。

 “変身”つながりで、誠子は「今一番なってもいいかな、と思うのは蒼井優さん」となぜか上からで、「でも結婚相手が山里(亮太)さんとなるとイヤなんよねぇ」。さらに「高橋一生さんと結婚となったら大ニュースになるかな。ルート? 誰もつながりがないんで、ルート探しから始めます」と気の遠くなるような話で笑いを誘った。

 映画で“怒り”がテーマのひとつになっていることから、怒りキャラの渚は「最新の怒りは、このメーク3時間ぐらいかかったのよ。そこかな。ナンボほど時間かかんねん!と。常に怒りを抱えて生きてる」と明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月13日のニュース