香取慎吾 宮城県・塩釜市で主演映画完成報告試写会「どうしても来たくて来てしまいました」

[ 2019年6月13日 18:01 ]

宮城県・塩釜市の塩釜水産物仲卸市場で行われた映画「凪待ち」の完成報告試写会に出席した香取慎吾(右)と白石和彌監督
Photo By スポニチ

 タレントの香取慎吾(42)が13日、宮城県・塩釜市の塩釜水産物仲卸市場で、主演映画「凪待ち」(28日公開、監督白石和彌)の完成報告試写会に出席した。

 昨年6月18日にクランクインし、最初にロケを行ったのが同地だった。約70人の市場関係者たちが試写会に臨むなか、白石監督の呼びかけで香取がサプライズで登場。突然のスターの来訪に黄色い声援が飛ぶ中、香取は一升瓶ケースを並べて作られた仮説ステージの上で「どうしても来たくて来てしまいました。自分のファンの年齢層もすごく上がったな。びっくりしています」と笑顔を見せた。

 同作は、ギャンブルにのめり込む自堕落な男が、人生を再出発させるために恋人の故郷・石巻に移住するものの、恋人を殺害されたことがきっかけで自暴自棄になっていく物語。香取はこれまでにない暴力的な役どころを演じ「毎日どこかしらから血が出て、蹴飛ばされたり殴られたりしていました」と撮影を振り返った。

 2011年の東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻市らが舞台で、塩釜市もその一つ。香取は「震災直後と比べて復興している部分はありますが、そうじゃないものもある。普段の生活の中で(震災を)意識することは減っているので、こうやって足を運ぶと色々なことが感じられます」と語った。白石監督も「未だに心に傷が残っている方はいますが、そのような方にも“凪”が訪れるといいな」と作品に込めた思いを明かした。

 作中には実際に市場で働いている人たちも登場する。香取は「昼間から酔っ払っているおじさんに絡まれたり、皆さんがとても元気でした」と苦笑い。「この市場の雰囲気がグッと映画を引っ張ってくれました」と感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月13日のニュース