ビートたけし年表 ツービートで大ブレーク、事件、事故、名誉、そして離婚

[ 2019年6月13日 05:30 ]

ビートたけし離婚

80年、人気絶頂時の「ツービート」のビートきよし(上)とビートたけし
Photo By スポニチ

 【ビートたけし“これまで”】

 ▽1947年1月18日 東京都足立区で生まれる
 ▽65年 都立足立高校を卒業し、明治大学工学部入学
 ▽72年 浅草のストリップ劇場「フランス座」で芸人見習いとしてエレベーターボーイとなり、ビートきよしとツービートを結成
 ▽80年 漫才師「ミキ&ミチ」の北野幹子(旧姓は松田、芸名は内海ミキ)と事実婚。マンザイブームの中、大ブレーク。代表的なギャグ「コマネチ」を生み出す
 ▽81年 フジテレビ「オレたちひょうきん族」がスタート。長男誕生
 ▽82年 長女誕生
 ▽83年 幹子さんと正式に結婚。日本テレビ「スーパーJOCKEY」がスタート。「たけし軍団」を結成する。大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」で軍曹役
 ▽85年 日本テレビ「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」がスタート。短編エッセー「たけしくん、ハイ!」がNHKでテレビドラマ化
 ▽86年12月 たけし軍団と講談社のフライデー編集部を襲撃。暴行容疑などで現行犯逮捕される。交際女性(当時)への強引な取材が発端
 ▽87年6月 襲撃事件について東京地裁が懲役6月(執行猶予2年)の判決
 ▽同7月、7カ月ぶりにテレビ復帰を果たす
 ▽同9月 幹子さんが離婚について話し合いをしていることを会見で公表。たけしは復縁を希望
 ▽同10月 幹子さんと落語家の不倫騒動が勃発
 ▽88年 太田プロダクションから独立し、オフィス北野を設立
 ▽89年 映画「その男、凶暴につき」で監督デビュー
 ▽93年 映画「ソナチネ」(4作目)がカンヌ国際映画祭などで公開され、欧州を中心に高い評価を受ける
 ▽94年8月 東京都新宿区で原付バイクを運転中に自損事故を起こして頭部などに重傷を負う
 ▽同9月 退院会見を行う。顔面半分が麻痺(まひ)した状態であることを明かす
 ▽98年 映画「HANA―BI」(7作目)、ベネチア国際映画祭で金獅子賞(グランプリ)を獲得
 ▽99年 映画「菊次郎の夏」(8作目)がカンヌ国際映画祭のコンペ部門に正式参加。仏芸術文化勲章「シュヴァリエ」受章
 ▽2003年 映画「座頭市」(11作目)、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞
 ▽10年 仏芸術文化勲章「コマンドール」受章。映画「アウトレイジ」(15作目)製作
 ▽12年 映画「アウトレイジ ビヨンド」(16作目)
 ▽15年 新会社「T.Nゴン」設立
 ▽18年 オフィス北野から独立し、新事務所を設立する。旭日小綬章を受章
 ▽19年5月 幹子さんと離婚

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月13日のニュース