「カメ止め」TV初放送は高視聴率11.9% 冒頭約40分CMなしの“神演出”反響

[ 2019年3月11日 09:01 ]

映画「カメラを止めるな!」(C)ENBUゼミナール
Photo By 提供写真

 「第42回日本アカデミー賞」で話題賞の作品部門を受賞した映画「カメラを止めるな!」(18年、上田慎一郎監督)が8日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(後9・00)でテレビ初放送され、平均視聴率が11・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。冒頭のカメラ1台でのワンシーン・ワンカットの約40分にわたる場面をCMを入れずにノーカットで放送するなど、大きな話題を呼んだ。

 制作費300万円という低予算、当初上映はミニシアター2館のみのスタートながら、SNSを中心とした口コミで話題となり、興行収入は30億円を突破した人気作。昨年の映画界で大きな話題となった。

 特に話題となった冒頭37分のワンカットシーンは上田監督の監修のもと、ワンカット場面はCMを入れずに放送する異例の決断。また、映画放送中には副音声で上田監督と主役の濱津隆之(37)らが撮影の裏話を披露。冒頭のワンカットシーンは「6回撮影をしました」と“テイク6”であることなどが明かされた。

 放送中は「カメラが止めるな!」がツイッターのトレンドワード入りするなど大反響。視聴者からは「話題になってたから初めて見たけど、その理由が分かった」「日本テレビ、冒頭シーンのCMなしという神演出」「副音声で裏話聞けて最高だった」など絶賛の声が相次いでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年3月11日のニュース