シティーハンター舞台あいさつに原作者・北条司氏がサプライズ出席 大ヒットなら続編も!?

[ 2019年2月10日 16:12 ]

大阪市内で舞台あいさつした北条司氏
Photo By スポニチ

 アニメ映画「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>」(公開中、総監督こだま兼嗣)の舞台あいさつが9日、大阪市内で行われ、原作者である漫画家・北条司氏(59)がサプライズで出席した。

 客席の大歓声に迎えられ、「きょうは友達に会いに来たのに、新大阪に着いたら拉致られました」とニヤリ。「大阪は約30年ぶり。90年に劇場版シティーハンターの舞台あいさつで来た」と感慨深げに振り返った。

 同作が意味深なエンディングであることに触れ、「今作が大ヒットすれば、いい事が起こるかもしれない」と続編をにおわせる発言に、ファンは歓喜。「大ヒットしたら、絶対やるよね!」と制作陣にプレッシャーをかけ、笑わせていた。 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月10日のニュース