大島優子 英語での意思疎通は「半分くらい いや6、7割くらい」

[ 2019年1月9日 05:30 ]

舞台「罪と罰」の初日前会見に出席した(左から)勝村政信、大島優子、三浦春馬、麻実れい
Photo By スポニチ

 女優の大島優子(30)が8日、東京・Bunkamuraシアターコクーンで行われた舞台「罪と罰」(9日〜2月1日)の会見に主演の三浦春馬(28)らと出席した。昨年8月から語学の勉強などのため海外に滞在しており、今作が帰国後初の舞台となる。

 ロシアの文豪ドストエフスキーの同名小説が原作。海外クリエーターが演出や美術などに携わっており、英語での意思疎通について大島は「半分くらい。いや6、7割くらいは分かるかな」と笑顔。「直接指導を受けて、少しは理解できるのが自分にとっても良い経験」と話した。

 初共演の三浦について「常に皆のことを見ていて本当に頼れる」と絶賛。共演は勝村政信(55)、麻実れい(68)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年1月9日のニュース