矢口真里、共演芸人に「マジでクズだな」三重県のオールナイトパチンコで…

[ 2019年1月9日 22:21 ]

共演者のギャンブルトークを聞いた矢口真里は…(C)AbemaTV
Photo By 提供写真

 元「モーニング娘。」でタレントの矢口真里(35)が8日、Abema TVの「矢口真里の火曜The NIGHT」(火曜深夜1・00)に出演。MCを務めるお笑い芸人の元「巨匠」岡野陽一(37)に厳しいツッコミを入れる場面があった。

 新年最初の放送で、2人は正月の過ごし方について触れ、風邪をひきずっと家にいたという矢口に対し、岡野は「お正月は三重県のオールナイトパチンコに行って、全財産を失いました」と告白。

 以前も番組内で「借金の総額が1000万に到達した」と明かし、スタジオを驚かせた岡野だったが「仕方ないじゃないですか。子どものころからの夢で、三重県にだけオールナイトパチンコというものがあって。最大40時間連続でパチンコができる。全財産の13万を持って行ったけど、何も当たらず…」と説明すると、矢口は「うっわ!マジでクズだな…」と驚いた表情を見せ、スタジオの笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年1月9日のニュース