ダメ出しで悔し涙…宮沢りえの反撃 風間杜夫が告白「『ざまあみろ』って」

[ 2018年11月3日 13:06 ]

宮沢りえ(左)と風間杜夫
Photo By スポニチ

 俳優の風間杜夫(69)が2日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。舞台で共演した際の女優・宮沢りえ(45)との“バトル”を明かした。

 風間は2013年4月公演の舞台「今ひとたびの修羅」に出演。この日は、同舞台で共演した女優・小池栄子(37)がVTR出演し「(風間が)『お前さ、どこで仕込まれたかのかわからないけど、クセのあるセリフの言い方すんな!』って言ったんですよ。そしたらその女優さんがブワーって泣いて、自分が持っている財布を壁に投げつけて『そんなこと言われたくない!』と。ものすごいバトルがあったんです」と暴露した。

 その女優について「宮沢りえちゃんなの」と明かした風間。遊郭の女性を演じた宮沢に対し「ギリシャ悲劇みたいなセリフを言うな」とダメ出ししたところ「ぽろぽろって涙を流して。その後、自分のポシェットみたいなものを壁に投げつけて帰った」と振り返った。

 そして、その翌日。のどが枯れて声の出なかった風間に対し、宮沢がのど飴をくれたといい、そこには手紙が添えられていたとも。「そしたら、手紙が入ってたの。『ざまあみろ』って。『バチが当たった』って」。宮沢のユーモアたっぷりのしゃれた反撃に、周囲は大爆笑。ダウンタウンの浜田雅功(55)も「面白い!いい!」と絶賛していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年11月3日のニュース