木村佳乃 2人の娘は「間違いなく主人似」記憶力の良さは東山譲り

[ 2018年9月20日 14:50 ]

女優の木村佳乃
Photo By スポニチ

 女優の木村佳乃(42)が20日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜正午)に出演し、2人の娘の成長や夫の東山紀之(51)について語った。

 東山と結婚して8年。2人の娘は6歳と5歳になる。バラエティー番組でバンジージャンプをするなど活躍の場を広げている木村に、娘たちは「ママがピョーンした」と言って喜んでくれるという。

 長女が2歳頃に徹子と会った時のエピソードでは、木村が「徹子さん、子供と対等にお話して、赤ちゃん言葉とか使わずに話して。徹子さんがすごい長女に話しかけて…初めてだったんですけど、うちの長女もちゃんと答えてましたよね。赤ちゃん言葉って使う必要ないのかな」と話し、長女が嬉しそうにしていたと話した。

 長女は「切り替えが早いあっけらかんとした子」というが、夫の東山からは「(長女が木村に)そっくり」と言われるそうで、実父からも「(木村の)小さい頃によく似てる」と言われたと語った。次女は父の東山に似ているそうで「慎重というかすごくまじめ。長女が怒られている姿を見て『これをやったら怒られる』というのがわかってる」という。

 また2人の娘が記憶力が良いと語り、どちらに似たか聞かれると「主人でしょうね、間違いなく」と断言。その記憶力で助かっているとも話し「私、忘れっぽいので『憶えといてね』と頼むと憶えててくれる」と語った。

 徹子の「東山さんはいいお父さん?」という質問に「すごく協力的だと思います。私も仕事があるのですごく助かります」と語ると、徹子は「ちょっと想像がつかないけど」と微笑みながら話した。

 29歳で徹子の部屋に初出演した映像を振り返ると、自分を「忘れっぽい」と語る場面を見て「やっぱり忘れっぽいんですね」と笑って話し「いいことも悪いことも比較的忘れっぽい方向にあるかも…。脳がいっぱいいっぱいなんですかね」と語った。東山は、木村が「明日何時に出るの?」とか同じことを何回も聞くので「書いてくれ」と言われることを話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年9月20日のニュース