PR:

斉藤由貴の長女がテレビ初告白「普通よりスリリングな母が好き」「怒るとスケバン刑事」

斉藤由貴
Photo By スポニチ

 女優の斉藤由貴(51)が16日放送の日本テレビ「1周回って知らない話」(水曜後7・00)2時間スペシャル「芸能人の家族の事情SP」にゲスト出演した。

 大学1年生の長女がVTR出演し、テレビ初登場。番組のインタビューに「最近見たお母さんのテレビは(不倫疑惑の釈明)記者会見」と笑いを誘いながら「テレビのフワフワしたイメージは若干、偽りの姿。(家だと)本当に怒ると、スケバン刑事みたい」と斉藤の母としての姿を明かした。

 斎藤は10年以上、毎朝5時に起床し、子供たちの弁当を作るなど、家事も抜かりない。長女は「仕事は忙しいイメージはあるんですが、でも家事もやっているから、どうなっているんだろうみたいな。ご飯もつくるし、ちゃんと洗濯もするし、たまっていても仕事から帰ってきたら(家事を)やるみたいな感じ。夜遅くに帰ってきて、そこからお皿洗いしたいと思わないじゃないですか。お皿洗いして、洗濯物やって、しかも女優だから顔を気を付けないといけないから、ちゃんとメイクを落として顔をしっかり保湿をして、ちゃんといろいろやることやって、そこから寝るみたいな。やらなきゃいけないことをあまり怠らない。そこは結構、尊敬しています。私は絶対両立できない」と仕事との両立ぶりを称えた。

 「やっぱり一番最終的に行き着くところは(母親より)女優ですかね。娘ですが、どちらかと言うと(母親より)女優の方が濃いなという感じはします。(女優のオーラは)出さないですが、伝わってきます」と続けた。

 斉藤は、昨年8月に「週刊文春」(文芸春秋)が50代男性医師との不倫疑惑を報道。釈明会見を開き「(一線は)越えてないです」と否定したが、9月になり、不倫を認める文書をマスコミ各社に送付。不倫関係を解消したことを明かし、医師の家族に謝罪した。

 最近、斉藤が長女に「私、大丈夫かな?という感じで。普通のお母さんの方がいいよね?ママみたいなお母さん、ちょっと大変じゃない?」と質問したという。長女は「普通のお母さんより、私は今の若干スリリングな方が好きだよ、みたいなことは言いました。いろいろあったし、常にドギマギした状態が平凡より楽しいなというのがあって。そういうお母さんで、むしろうれしいよ、と。お母さんのいいところなんじゃないかな」と、その生き様を理解。

 スタジオの斉藤は言葉に詰まり、涙をこらえ「ありがたいと思っています。たくさん迷惑を掛けているので。いろいろなことがあって、私も葛藤というか。娘にしてみれば、たぶん私のいろいろなことを凄く分かってくれている。だから最終的に、こういうふうにインタビューに答えてくれている部分があるのかなと思います」と感謝した。

[ 2018年5月16日 19:40 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:05月24日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル