PR:

中山優馬&松岡充&中村雅俊“3世代トリプル主演”、鴻上尚史氏の音楽劇

鴻上尚史が作・演出を務める新作の音楽劇「ローリング・ソング」に主演する松岡充(左)と中村雅俊
Photo By 提供写真

 歌手で俳優の中山優馬(24)が、鴻上尚史氏(59)が作・演出を手がける新作の音楽劇「ローリング・ソング」(8月11日から東京・紀伊国屋サザンシアターほか)で、松岡充(46)と中村雅俊(67)とともにトリプル主演を務める。

 20代、40代、60代の3世代にまたがるトリプル主演は演劇界でも異例。中山は「お二人と共演させていただくのは初めてですが、歌やお芝居はずっと拝見していましたので、思い切り飛び込んで演じていけたらと思ってます」と先輩との共闘に気合を込めている。

 中山は若いミュージシャン役。松岡が演じる、かつてロックバンドをやっていた納豆売りの元を「私はあなたの子供だ。母はあなたのファンだった」と訪ねることで物語が動きだす。中村演じる初老の結婚詐欺師を交えて、それぞれの音楽への愛と、人生における夢の意味を巡り、あがく3世代の姿を描く。

 中山は舞台などで腕を磨いているほか、ユニット「NYC」で09〜12年にNHK紅白歌合戦に連続出場した経験も。「物語は、複雑な関係性や欲望が渦巻き展開していくと聞いている。今から楽しみ」と話している。

[ 2018年5月6日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:06月24日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル