TOKIO城島扮する「島茂子」が始球式 こん身の一球は打者の後ろを通過

[ 2018年5月6日 18:14 ]

<ヤ・広>始球式を行う城島茂扮する島茂子
Photo By スポニチ

 TOKIOの城島茂(47)扮する女性歌手の「島茂子」が6日、ヤクルト―広島(神宮)で始球式を行った。

 試合前には球団公式マスコットのつば九郎と軽妙な掛け合いを披露。つば九郎から「もとほーくすの、じょうじまさんとは、しんせきですか?」と聞かれ「TOKIOの城島さんとは似ていると言われるけど、ホークスの城島さんは親戚じゃありません」と回答した。

 始球式では、DVDシングルとしてリリースされ島茂子の本格ソロデビュー作となる「戯言」の発売日5月16日にちなんで「516」のユニホームを着て登場。こん身の一球は、左打席に立つ田中の後ろを通過した。ストライクならつば九郎が自腹で「タフマン」をプレゼントする約束をしていたが、残念ながらお預けとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年5月6日のニュース