SMAP解散後の食事会の真相明かす 72時間テレビで堺正章と本音トーク

[ 2017年11月3日 22:07 ]

ゲストの堺正章(右)と(左奥から)稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾(C)AbemaTV
Photo By 提供写真

 タレントの堺正章(71)が3日、元SMAP稲垣吾郎(43)草なぎ剛(43)香取慎吾(40)のAbemaTV「72時間ホンネテレビ」(2日〜5日)にゲスト出演。SMAPが解散した16年大みそかに都内の焼き肉店で開催した食事会について堺が3人に真相を聞いた。

 食事会を開いた店に集まり、堺と3人が個室で対面する形で座ってトークは始まった。堺は「(16年の)大みそかに来たでしょ?僕は1日に来たんです。そうしたら店の人から“来ていた”と聞いて。驚きました。報道では僕がセッティングしたのではないかと出てましたが、あれは事実無根で」と自身が食事会の仕切り役だったという報道を否定した。

 焼き肉店は堺がプロデュースする店で、稲垣は「店の経営に携わる人が友人」だと明かし「僕がセッティングしました。店の人も知っているし、プライバシーも守られるので」と語ったが、香取は「でも撮られたよね。吾郎ちゃんが店から外の様子を覗こうとしてたから、俺それを見て“絶対撮られているよ”って思ったんです。そうしたら週刊誌に出てて“やっぱり撮られている”って…」と当日の様子を明かした。

 堺が「中居くん、森くんも来た?」と聞くと3人は「はい」と答え、元SMAPメンバーでオートレーサーの森且行(43)と久しぶりに再会した時の様子について、香取と草なぎは「“久しぶりー!!”って一人だけテンション高くて…。でも、それでみな爆笑して…」と場が盛り上がったと振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2017年11月3日のニュース