騒動から1年…高畑淳子が胸中吐露「まだ立ち上がっていない」

[ 2017年7月24日 05:43 ]

高畑淳子が主演する舞台「土佐堀川」のポスター写真は篠山紀信氏が撮影
Photo By スポニチ

 女優高畑淳子(62)が、昨年8月に長男の俳優高畑裕太(23)が強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕され、不起訴処分となって以来、初めて報道陣の取材に応じた。騒動から1年近くたつが、「まだ立ち上がっていないです」と胸の内を明かした。

 このほど都内で主演舞台「土佐堀川」(東京・シアタークリエ、10月4〜28日)のポスター写真撮影時に取材に応じた。「毎晩2時間ぐらい“1人記者会見”をしてから寝てます。架空の人たちに言いたいことを言って…。だからまだ起き上がってないと思います」。ショックの大きさをうかがわせた。

 騒動には「ご迷惑をおかけしたことは申し訳なく思っております」と謝罪。一方で「事実でない報道をされて、それを修正されないことを疑問に感じております」と訴えた。裕太は昨年8月に群馬県のホテルで、従業員女性に性的暴行しケガをさせた疑いがあるとして逮捕され、女性との示談成立後、不起訴処分に。代理人弁護士は当時「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」とコメント。検察側は不起訴とした理由を発表していない。

 高畑は仕事場では裕太のことは口にせず、女優業にまい進している。「土佐堀川」で演じるのは、日本女子大を設立した明治時代の女性実業家・広岡浅子さん。10代から70代までを演じる予定で「一代記モノをやりたかったので本当にありがたい。舞台は自分の持っている物、抱えてきたこと、全てが表れる。私の性に一番合っている仕事」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年7月24日のニュース