田川寿美、平尾さんとの思い出語る「甘酸っぱい思い出が…」グッチ裕三はものまね「喜んでくれた」

[ 2017年7月24日 16:55 ]

会見に登場した(左から)黒沢年雄、泉谷しげる、グッチ裕三、田川寿美、IMARU
Photo By スポニチ

 歌手の黒沢年雄(73)、タレントの歌手のグッチ裕三(65)、歌手の田川寿美(41)が24日、都内で行われた歌謡ポップスチャンネル「スナック寿美〜今夜も!有名人が集まる店〜」(8月31日後6・00)取材会に出席。21日に亡くなった作曲家の平尾昌晃さん(享年79)を偲んだ。

 平尾さんに数曲の提供を受けた黒沢は「とてもいい方で才能があった。あのままの人。少年みたいな、顔もいいしアイドルみたいな方」と回想。

 平尾さんと畑中葉子(58)によるデュエット曲「カナダからの手紙」を、番組でものまねをしていたグッチ裕三は「モト冬樹とものまねをしました。とても喜んでくれたのを思い出します」と語った。

 田川は歌番組での共演を振り返り、『「カナダからの手紙」をご一緒した。でもまだ私は子どもで、見つめあうことが照れくさかった。くっついてムードを上げて歌おうとしてくださる雰囲気に溶け込めなくて、申し訳なかったなと甘酸っぱい思い出があります」と回顧。「多才な作家の先生が亡くなるのは演歌歌手でも衝撃です」と心痛の面持ちだった。

 同番組は歌が上手くて聞き上手なママ(田川)と音楽好きのバーテンダー(グッチ裕三)が切り盛りするスナックにゲストが訪れ、トークを展開するというもの。収録には泉谷しげる(69)、IMALU(27)もゲストとして参加した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年7月24日のニュース