GLAY TERU「女性がしゃべる関西弁が凄い好き “せやねん”とか」

[ 2017年7月12日 20:17 ]

公開収録に参加した「GLAY」のTERU(左)とJIRO(FM802提供)
Photo By 提供写真

 ロックバンド「GLAY」のボーカル・TERU(46)とベース・JIRO(44)がニューアルバム「SUMMERDELICS」発売日の12日、大阪・あべのキューズモールでFM802の公開収録に参加した。プライベートでの素顔を次々と明かし、集まった観客2300人を沸かせた。

 先週、私用で関西に来たというTERUだが、ツイッターで報告していたためファンには周知の事実。「僕の悪い癖は、リアルタイムでつぶやいちゃうこと。人が集まったりしてしまう」と苦笑いした。関西が大好きで、「女性がしゃべる関西弁が凄い好き。“せやねん”とか」と告白すると、ファンは歓喜。みんなで「せやねん!」と声を合わせ、TERUにアピールした。

 JIROは、夏になると「ビールと白ワインが欠かせない」。TERUに「酔うと凶暴になる。ライブ映像を見ながら、“このときのセットリストは神がかってるね。いいだろ?なあ、(リーダー)TAKURO!”と頭をがんがん叩いてた」と暴露され、苦笑い。「怒ったりじゃなく、なんか楽しくなっちゃう。普段感情を出さないので、酔うと喜んでくれる人がいっぱいいる」と、愛すべき行動であることを強調した。

 JIROはTERUの酔いっぷりについて「あんまり変わらない」と指摘。TAKURO(46)をよく飲みに誘っている姿を見るといい、「週4で飲んでる」とあきれた。TERUは、「TAKUROとは話が合うんですよ。愚痴も聞いてくれるし、家も近所だし」と話した。

 収録の模様は15日午前7時からの同局番組内で放送。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年7月12日のニュース