ノンスタ井上、事故反省も丸刈りにしなかった理由告白「考えたんですけど…」

[ 2017年7月12日 08:00 ]

ゲスト出演するNONSTYLE井上裕介(後列右から2人目)ら(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ・NONSTYLEの井上裕介(37)が12日放送のフジテレビ「良かれと思って!SP」(水曜後9・00)に出演。昨年12月に起こした当て逃げ事故について当時の心境を明かした。

 バカリズム(41)、劇団ひとり(40)、ハライチの澤部佑(31)、メイプル超合金のカズレーザー(33)がMCを務め、ゲストに愛のある助言をする“おせっかいバラエティー”のスペシャル。

 番組で井上が事故について振り返ると、劇団ひとりから「坊主とかはどうですか?」と質問が。井上は「坊主にすることは考えたんですけど…」と、丸刈りにしなかった理由を告白する。井上のツイッターの使い方に対して、MC陣だけではなく、相方の石田明(37)も「イラついてます」とクレーム。さらにスタジオでは過去に交際がウワサになった女性アイドルやモデルなど、4人の名前をバカリズムが暴露。井上は突然の暴露に困惑の表情を見せたが、包み隠さずに答えスタジオは騒然となる。

 スペシャルにはタレントの熊切あさ美(37)、美川憲一(71)らも出演。熊切は世間をにぎわせた騒動について触れ「私は悪くない!悪いのは歌舞伎の人…」と激白する。また、関係をウワサされたスポーツ選手との関係を問い詰められ「友達です!寝てないです!」と弁明するが…。さらに今まで交際した人数を問われた熊切は「6人」と断言するも、劇団ひとりを中心としたMC陣の厳しい追及に根負けし「じゃあ…」と本当の人数を白状してしまい、共演者の笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2017年7月12日のニュース