日村扮する「ヒム子」が乃木坂と爆笑共演!制服姿でダンスにネット「腹痛い」

[ 2017年6月28日 21:34 ]

「ヒム子」こと日村勇紀
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「バナナマン」が28日放送のテレビ東京「テレ東音楽祭2017」(水曜後6・25)に出演。日村勇紀(45)扮する「ヒム子」がアイドルグループ乃木坂46とコレボレーションし、見事な高速ダンスを披露した。

 同局の「乃木坂工事中」で乃木坂46と共演する日村は、同局の深夜バラエティー「ゴッドタン」の人気キャラクター姿で登場。「ヒム子でえーす」と大声で自己紹介しスタジオを沸かせた。相方の設楽統(44)に「気持ち悪い」、MCのTOKIO国分太一(42)に「ヒム子、ゴルフ焼けが凄い」などと突っ込まれたがヒム子は意に介さず。

 トーク後に乃木坂46がヒット曲「インフルエンサー」を披露。見事な高速ダンスを見せて場を盛り上げると、途中からグループの“制服衣装”を着用したヒム子が登場。メンバーと一緒にダンスに挑戦した。途中からセンターの位置に入ったヒム子は、ラストまでほぼセンターを譲らずに踊り続ける。ヒム子の動きが視界に入り、笑いを堪えるのに必死なメンバーの姿も。ヒム子は踊り終えると「いやいや、センターは駄目でしょ!」と突っ込まれたが、設楽に「踊り完璧だったねえ」と褒められるとニンマリ。インターネット上では「ヒム子笑った」「ヤバイ、腹痛い…」「ヒム子、ダンスすげえ」などの反応が見られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年6月28日のニュース