朝の情報番組に異変「モーニングショー」月間初の民放横並びトップ

[ 2016年11月28日 17:50 ]

 テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)が11月の月間平均視聴率8・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。昨年10月期の番組スタート以来、月間番組平均で初の民放横並びトップを獲得したことが28日、分かった。

 午前8時の時間帯は連続テレビ小説(月~土曜前8・00)と「あさイチ」(月~金曜前8・15)を擁するNHKがトップ。

 民放はフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)と日本テレビ「スッキリ!!・1部」(月~金曜前8・00)が長らく“2強”だったが、11月は「羽鳥慎一モーニングショー」がこれらを上回った。朝の情報番組の勢力図に異変が起きつつある。

 9日放送のアメリカ大統領選挙(9・3%)や24日放送の大雪対応(9・7%)をはじめ、韓国国政介入事件を扱ったパネルコーナーなど、ニュースに的確に対応。朝の時間帯としては高視聴率を獲得した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年11月28日のニュース