松本人志 芸能界引退のももちに理解「アイドルって業を背負った仕事やな」

[ 2016年11月13日 11:45 ]

松本人志

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(53)が13日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。“ももち”の愛称で知られるアイドルの嗣永桃子(24)が来年6月末で芸能界を引退することを発表したことについて「どこかいい区切りで引退というのは悪くない」と理解を示した。

 アイドル好きとして知られるお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(39)は「もともと大学でちゃんと教育の勉強をしていて、その道に行くとは言っていたので、それがこの時期なんだと。つらいことで辞めるとかいう理由じゃないといい」とコメント。フリーアナウンサーの赤江珠緒(41)は「かわいらしいイメージだったけど、凄いしっかりされた方だったんだなと。次のステージで自分のやりたいことを頑張っていただきたい。教育分野に行くのはびっくりしましたけど」と話した。

 そんな中、番組などでも共演経験も多い松本は「モーニング娘。なんて見たらわかる通り、全員不幸になっている。グッドモーニングは一人もいない。アイドルって本当に大変やなと。業を背負った仕事やなと思う。妬み、嫉みとかいろいろなものと戦って。怖い世界やなと思う」とアイドルという特殊な職業への理解を示し、「どこかいい区切りで引退というのは悪くない、百恵ちゃんじゃないけど。百恵ちゃんとももちは違うけど」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年11月13日のニュース