キスマイ玉森 新ユニットとのコラボに期待「負けないように頑張る」

[ 2016年6月29日 14:52 ]

都内で行われた舞台「ドリームボーイズ」製作発表

 「Kis―My―Ft2」の玉森裕太(26)が主演を務める舞台「ドリームボーイズ」製作発表が29日、都内のホテルで行われ、玉森のほか、同グループの千賀健永(25)、宮田俊哉(27)らが出席した。

 滝沢秀明(34)主演で04年にスタートし、ジャニーズ事務所の数々の人気タレントたちが受け継いできた、ジャニー喜多川社長が作・構成・演出を務める人気舞台。13年から4回目の座長となる玉森は「毎年毎年変わっていくドリームボーイズで、見てくれている方に今年もあっと驚くことを考えている。ベースは残しつつ、全部変えていきたい」。今回はラストシーンも見所だといい、「今までとは本当に違うラストシーンになっていて絶対衝撃を受けると思う」と話した。これには千賀も「いつもハッピーエンドで終わっているんですけど、今回はどういうふうに終わるのか…僕に言わせると言っちゃうから」とニヤリ。宮田も「こんな終わり方のミュージカルがあるのかと。今から楽しみ」と期待を膨らませた。

 昨年の公演では「たまのぼり」と命名したフライングも披露したが玉森だが、「毎年違うものを見せたいし、進化していきたいので、去年とは違うものを見せたい」と新技を披露も示唆。上半身裸になるシーンもあるため「筋トレは欠かさずやっています」。グループのライブツアーも控えていることもあり、自前のベンチプレスも購入したといい、「見せるからにはね!」と着実に準備を進めていることを明かした。

 会見では「Mr.KING」の高橋海人(17)に、「HiHiJets」の橋本涼(15)、井上瑞樹(15)、猪狩蒼弥(13)、高橋悠斗(16)を加えた5人で結成された同舞台期間限定スペシャルユニット「Johnnys’5」もお披露目。メンバーはジャニー社長からの前日28日の夜に電話でユニット結成を知らされたといい、高橋海は「10代だから出せるフレッシュさを出していきたい」、橋本は「ジャニーさんの期待を超えられるように頑張りたい」と抱負。これには玉森も「新鮮なメンバーが増えた。(ユニット名に)期待されているグループなのかな。負けないように頑張りたい」。5人の特技もローラースケートであることから、玉森も「せっかく履けるみんなが来てくれたので、コラボがあったほうがいい」と期待を寄せた。

 公演は東京・帝国劇場で9月3日~30日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年6月29日のニュース